スポンサーサイト

先生の入院で

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

さすが医療先進国、合理的ですねぇ!

日本だとあまり思い付かないかも。
個人情報だなんだと騒がれそうだけど、そちらは学校関係とかで公人だからオープンなんですかね。

とにもかくにもビックリ!!

Comment by: こゆびと  | 2012- 01-20 | 編集

すごいですね。初めて知りました、このシステム。
本当にデジタルに囲まれた世の中ですよね。なんでもPCや携帯で操作できちゃうって便利だけど、いろんな意味の怖さと隣り合わせですよね。って分かってても、もうなくてはならない存在になっちゃてる現実!

先生、早く良くなるといいですね。

Comment by: あすぴん  | 2012- 01-20 | 編集

ゆなみさん、おひさしぶりです。
先生の件、ご心配でしょうね。
うちのオフィスでも、事故に遭って危ない状態の社員がいた際
その上司が、毎日彼の状態が安定するまで関係者に
メールでUpdateをメールしてました。

個人情報という考え方はなくて(事故の当人や家族からの希望があれば
別ですが)、皆、心配だろうという考えの下にこういう手配が取られます。
だから登録されても「興味本位」などとは取られないのでご安心を。

先生が早く回復するといいですね。

Comment by: Hanako  | 2012- 01-22 | 編集

こゆびとさん

うんうん。個人情報ってありがちだよねぇ。
でもいろんなうわさが飛び交うよりは正しい情報がわかってありがたいよね。

お手紙に関しては学校の先生と言う立場だったからだけど、このシステムはすごいよね!

Comment by: ゆなみ  | 2012- 01-22 | 編集

あすぴんさん

本当に。なんでもできちゃうよね。
話はずれちゃうけど最近は鼻歌から知りたい歌を検索できるアプリなんかもあるんだってね。
わからないことがあったらすぐ検索だし。
ここにきてから更にPC依存症気味だし・・・。

去年、サッカーやってた子が事故にあって入院した時もそうだったけど
この先生の場合も図書館付近に垂れ幕というか
彼女の為に祈ろう みたいな呼びかけがしてあったりして町中で祈ってる。
早く良くなってほしいです。

Comment by: ゆなみ  | 2012- 01-22 | 編集

Hanakoさん

そうなんですかぁ。そうですよね。みんな心から先生の回復を祈っているのがよくわかるんです。
フェイスブックとかでも呼びかけていて、こういうとき、同じものを信じていると言う意味でクリスチャンの多いアメリカ人は団結しやすいのかなと思ったりもしました。

離れていて心配している方々にもとってもいいシステムですよね。
わたしも今では彼女のことを考えない日はありません。
クリスチャンじゃなくても、祈ります。

Comment by: ゆなみ  | 2012- 01-22 | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。