スポンサーサイト

何故

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメント:として投稿。

ちゃんまんさん

そうですね。そうしなければきっと、自分の心も壊れてしまいそうですよね。

彼女は泣けたんだろうか。それとも今頃泣いているんだろうか・・・。
そばにいてあげられなかったことに、救われている自分はひどい人間なのかも知れない。そばにいても何もできなかっただろうけど。

想像できないよね?

Comment by: ゆなみ  | 2011- 05-10 | 編集

Unknown

私の心の支えになってくれているゆなみさん…

こんなときにいつも私は、気の利いた言葉や励ましの言葉をかけてあげられない。どんな言葉も違う気がしてしまって。
ごめんなさいね。


ただ、悲しいときに、悲しみをこらえて頑張っていくことももちろん大切なのですが、沢山泣く事もきっと大切ですよね。


Comment by: ちゃんまん  | 2011- 05-10 | 編集

B9MOMさん

同感です。
実は同じ日に私のおばさんが亡くなったと連絡がありました。
もちろん悲しいにはかわりありませんが、長く苦しまなくてよかったとか、そんな風にどこか逃げ道を作って、自分の気持ちを納得させる術があります。でも小さい子供は どうして・・としか考えられないです。

悲しみは流れる時間に委ねるしかないのかもしれません。

Comment by: ゆなみ  | 2011- 05-10 | 編集

Unknown

こんにちは!

こんな事を言ってしまうと怒られてしまうかもしれませんが、ご年配の方が亡くなると、悲しくても年齢的に妥当というか、仕方ないという気分になりますが、若い人、特に子供が亡くなると悲しみというより、憤りにも似た感情になりますね。

お子さんを亡くされたお母様、今はどんな気持ちで毎日を過ごされているのでしょう・・・・

私には理解できないほどの悲しみだと思います。

時間が経って、少しは心の痛みが和らいでくれるといいです。

Comment by: B9MOM  | 2011- 05-09 | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。